貴方に合った短期アルバイト探し

短期アルバイトとは?

短期アルバイトの労働日数は、明確な規定はありません。

 

1日だけを指すこともあるし、数週間、あるいは数か月に及ぶこともあります。

 

長期アルバイトとの違いは、はじめから終わりの予定が明確に決められていることです。

 

短期アルバイトを勤務の期間で分けると、複数のパターンがあります。

 

完全単発採用:日付が限定された仕事で継続はされません。

 

断続・周期採用というのはある決まった期間でいったん終わり、また同じ内容での募集があります。

 

連続更新採用というのは短期アルバイトが終わると再び、更新して続けることが可能なアルバイトです。

 

土日祝祭日や、年末年始、お盆など多くの人が休みをとる日に限られた採用と言うのもあります。

 

労働の期間だけではなく、賃金の支払われ方などによって、いくつかのパターンの短期アルバイトがあります。

 

賃金の支払い形態には、日ごとに払う日払いや週ごとに支払う週払いがあるのも短期アルバイトならではでしょう。

 

仕事の内容で多いのは、キャンペーンやイベントなど単発でのアルバイトが多いようです。

 

ハードな肉体労働で長期間働くことが難しいのではないかと思われる仕事もあります。

 

大変な労働だと思われるため、他の仕事よりも時給が高い仕事もあります。

 

短期のアルバイトを探すときには、自分が希望する日時や時間、仕事の内容、希望の賃金などをあらかじめ考えておきましょう。

 

短期でのアルバイトは、学業や家事との両立がしやすいのもメリットです。

 

自分に無理のない仕事内容や時間で選ぶことができます。

 

最近の短期アルバイトは、派遣登録を行っておく場合が多いようです。

 

 


短期アルバイトの種類

募集される方からどんな短期アルバイトがあるものなのか分けながら確認していきましょう。

 

「多数戦力タイプ」とは、少数の指導者の下で指示を出し、それを多数のアルバイトで進めていくタイプです。

 

このタイプの特徴は、ほぼ常に募集が行われていて、忙しい時期になると募集はさらに増えます。

 

コツコツ行うアクティブワーク系には、梱包、仕分け、検品などの軽作業の他、ビル、病院の清掃などがあります。

 

オフィスワーク系では、データ入力やテレフォンアポインターなど事務作業が大半となります。

 

「補助タイプ」というのは常勤スタッフをアシストするアルバイトの募集を行うタイプもあります。

 

サポートが主な仕事となるこのタイプは、オープニングや繁忙期などのアルバイト募集として多く行われます。

 

またこのタイプは、欠員が出たときの長期アルバイトの募集もあります。

 

このタイプの業種には、飲食関連やショップ系が多く、チェーン店や大型店での定員としての募集です。

 

「緊急応援タイプ」とはその名の通り、唐突な人員不足に合わせ、緊急性が高く対応できる能力が高い人材を募集するタイプです。

 

他と比べ緊急性の高いこのタイプは、「急募」の文字や目につきやすい広告を使用していたりします。

 

正社員の穴を一時的に埋めるだけの、短期のアルバイトでも経験者が優遇される場合もあります。

 

思わぬ人手不足から、現在の人員では難しいという忙しいときには募集も多くなります。

 

急募と書かれている短期アルバイトは採用となるまでがとても早く、早い人が優先されることもあります。

 

「隙間埋めタイプ」とは、事務職からサービスまで、シフト制を採用した業種での募集タイプです。

 

このタイプは、シフトを基本に動いている為、変則的なシフトに対応できる人を優遇されます。

 

企業のホームページで直接、募集が行われていることもあるので、定期的に確認する事が必要かと思われます。